東大和市を中心に
多摩地域の調剤薬局・在宅医療サービス

TOP > 企業情報 > 代表挨拶

代表挨拶

当社は昭和50年(1975年)に調剤専門の薬局を開設するために設立しました。
設立以来、常に地域における薬局サービスがどうあるべきかを考え、患者さま中心の医療に貢献してまいりました。
 
この間薬局のサービス内容も時代とともに変わってきました。開設当初は院外処方せんが珍しく薬剤師そのものも一般の方にもあまり馴染みのない時代でした。当時は一般的には、医薬品の特性をみながら医師の処方通りに、いかに正確に調剤するかということが私たち薬剤師の仕事でありました。その時代から当社では薬歴管理を行ってきており、薬物治療の安全を第一に考え業務を遂行してまいりました。

現在は、それぞれ特徴の持った薬局を5店舗開設しております。本社に併設した「中央薬局」は、地域薬局の中心的な機能を持たせ、研修室の整備をはじめ蔵書も多く、地域の薬剤師のための研修、薬科大学の学生実務実習、(財)日本薬剤師研修センターの研修生受け入れ等薬剤師のスキル向上や教育に積極的に取り組んでいます。また、備蓄医薬品も充実しており地域薬局の業務を側面からサポートしております。「中央南薬局」は無菌製剤室を設備し、在宅患者の栄養管理(高カロリー輸液)の調整もでき、在宅医療に積極的に取り組んでいます。「ぞうしき薬局」と「アトム薬局」はそれぞれの地域性を生かしながら、地域の住民の方々により身近で密接な「かかりつけ薬局」を目指しております。「ウラン薬局」は、糖尿病をはじめとするいわゆる成人病に対し、薬物治療だけに囚われず広い目で疾患をコントロールしながら患者さまに快適な生活してもらうためには、薬剤師が他の医療従事者とどのような連携が必要かなどを模索したいと考えております。

 

私どもは、薬剤師としての専門性をもって、地域の住民の方々に貢献できる業務を積極的に取り入れ、よりいっそう皆さまのお役に立てるように研さんし努力してまいります。

代表取締役会長

野中 明人

 

野中会長が旭日双光章受章

平成29年11月3日 秋の叙勲にて野中会長が旭日双光章を受章されました。
東京都薬剤師会常任理事として尽力、そして患者、地域に寄り添う薬局として43年の活動が認められ
今回、薬事功労として栄えある受章となりました。

              旭日双光章.JPG